迷いに迷った修繕費用の支払い

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s

福岡県西方沖地震が起きた時、震源から数キロという場所にあった私の実家は揺れに揺れてあちこちが傷んでしまいました、僅かですが床が水平ではなくなり家屋と敷地の間に隙間ができ、壁には亀裂が走り、瓦はずれてしまったのです、そのまま放置するわけにもいかず業者に頼んで修繕してもらうことにしたのですがその費用はかなりのものでした。

地震が起こることなど全く考えていなくて、別の目的で預金からかなりの額を使った直後だっただけにその費用はかなりの痛手となりました。

預金を空にしてしまえばなんとか払える額でしたが、見積もりよりも多めにかかった時や、急な病気などでお金が必要になった場合も考えると修繕費用を一括で払ってしまって大丈夫なのかととても迷いました、正直なところもっとお金があればなと思ったものです。

結局、足りない額の一部をカードキャッシングで借り、預金は少し残しておくことで解決しましたが、遊びや趣味の品の購入などとは違う生活そのものに直結した問題と出費だったのでその費用の工面は切実なものでした。

日頃から浪費をするほうではなく、大した額ではないものの毎月ちゃんと貯めるほうでしたので一時的にお金を借りはしましたがなんとか解決できたのだと思っています。

私にとってはもっとお金があればいいなと思った初めての出来事でした。