富豪の親戚の家に泊まってみたら

私は人生でこれでもかという程に贅沢な食事をしたことがあります。それは私が親戚の家に泊まりに行った時の話になるのですがその親戚がとてもお金持ちということもあり、朝昼晩の全てが贅沢でした。
少年時代の出来事なので、鮮明には覚えてはいないのですが朝食はとても高級なカフェに行ったことを覚えています。ジェラートは一品で1000円を超えるものでしたがそれを何個も遠慮なく獣のようには私は食べていました。
そして、次に昼食はこれもまた贅沢で、高級中華料理店でした。中には庶民のような人は見受けられず皆が整った身なりの方で溢れかえっていました。そこで私は初めて、ホンモノのフカヒレを食べましたが正直、何とも言えない味でした。
なので、当時の私は餃子と小籠包ばかりを食べていたことを覚えています。暫くして、夕食を食べるのですがこれが1番凄かったです。フォアグラにトリュフ、オマール海老にフィレステーキと、フランス料理で最上級と言えるものばかりがテーブルに並び、私は言葉を発することさえ出来ませんでした。
親戚の家族は皆、美しい食べ方をしていたのですが作法も何も知らない私は余りの美味しさにオマール海老にかぶり付いたり、フィレ肉を数枚おかわりするというとてもはしたないことをしていました。
マナーも作法もしらない田舎の子供には高級料理というものは必要ないと今の自分は思っています、価値も良さも理解することなんて出来ませんから。しかし、遠慮なく高級料理を沢山食べた事は今でも忘れる事なく記憶に残っているので後悔はしてはいません。ただ飯に感謝です。

以前は服を買うのに困ってました

結婚をしてからというものの、お金が無くて困る事が多々あります。
正直に言ってしまうと、私の家庭はそこまで裕福な方ではありません。
私自身一応働くには働いていますが、身体が弱く健康的な方面に不安が沢山ある事から外で働いていません。
収入0というワケではありませんが、それでも給料はアルバイトより少なめなお小遣い程度なので、殆ど主人の給料任せという生活を送っています。
そんな生活が現在5年近く続いていますが、そこで一番困った問題というと服が買えないという事でした。
結婚する前まではかなり無理もして正社員の雇用形態で働いていたので、自分が自由に使う事が出来るお金が結構ありました。
しかし、今現在当然そこまでお金がありません。

以前はブランドアパレルを着ている事が多く、トレンドアイテムを頻繁に着ていましたが、当然今ではそこまで服に対してお金をかける事が出来ません。
ブランドアパレルと言えば値段も比較的高いですからね。
Tシャツ1枚に5000円程かかる事だって普通の事には違いありません。
正直結婚当初はこんなに辛いものかと鬱屈とした気持ちにさえなり過度なストレスも感じました。しかし、ここ数年でこのストレスはキレイさっぱりと解消しました。
現在、服は普通に買っています。

さて、私は何をして服を買うようになったかのでしょうか?
その答えは、ブランドアパレルをやめてネットのプチプラ通販を大活用するようになったのです。ネットのプチプラアパレルと言えば、脆そう・すぐダメになりそうとマイナスなイメージが強いものですが、最近では「そんなこと無い」と断言出来る程のものが多いです。正直に言ってブランドの名を背負ってるようなアパレルとそこまで品質に差がありません。これを活用するようになって、ストレスフリーに定期的に服を買う事が出来るようになりました。
それにプチプラ通販とは言え、トレンドに沿ったアイテムもかなり扱われているのでしっかりと「イマドキ」な着こなしも出来る事に満足しています。
これは友人の入れ知恵でしたが、本当に助かりました。
お金をかけなくても、おしゃれを楽しむ事は出来ます!
やはり身なりをきちんとしなくては、気分まで滅入ってしまいますからね。
最近では大好きな服を買う為に仕事も頑張ろう! と、張り合いが出ています。