金運よ!来い!

給料日

私がもっとお金があればなあ、と思う瞬間、それは給料日です。

本来、給料日とはたのしいものです。

私も少しは楽しい事に変わりないのですが、このお金たちは、すぐさま私の元から旅立っていくのです。

通りすがりなのです。

私には、現在、借金があります。

そのため、1ヶ月頑張って働いたお給料たちは、一瞬だけ私のところへやって来ますが、この方たちは、すぐ、よそ様宅を潤わせに行く方々なのです。

もちろん、この方々がいないと、私は借金も返せず、更に大変な思いをします。

それは分かってはいますが、そんなすぐいなくならなくても…。と哀愁を覚える私なのです。

私は、常に思います!毎月あと10万あれば、私はもっと楽しく生活できるはず!しかも、私は、それなりの働きをしています。

そうだ、それに気付かない社長が悪いんだ!早く気づけばいいのに。と、考え、今日も仕事をもくもくとしています。違うの、違うんです。

私の借金は、ギャンブルや遊びでできた借金じゃないんです。

いわゆる必要経費なんです。絶対に必要な経費なのです。

だから、そろそろ神様も気付いてくれるはずなのです。

クリスマスにサンタさんは来なかったけど、今年こそは、私を救う救世主を神様が準備してくるはず!…。と、思いながら、今日も楽しく仕事しよーっと!

引っ越しの際に「お金があればなあ」と強く感じました。

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

33歳の女性です。昨年春に出産したのを機に退職し、現在は専業主婦をしています。

私は引っ越しをした際に「ああ、もっとお金があればなあ」と強く感じました。

子供ができて住んでいた賃貸マンションが手狭になったので、昨年末に引っ越しをしました。

引っ越しは何かとお金がかかるものです。
敷金、礼金、仲介手数料など、あっという間に数十万円のお金が飛んでいきました。

これらは必要経費だから仕方ないと思いつつ、通帳の残高を見てはわびしくなったものです。

今回の引っ越しの中で「お金がもっとあったらいいのに」と最も感じたのは、引っ越し業者に見積もりをしてもらった時でした。

まだ子供は生後8か月なので、できれば段ボールへの小物類の積み込み作業もお願いできるお任せパックにしたいと考えていました。

しかし、そうすると通常の引っ越し料金よりも3万円ほど高くなると言われました。
夫に「料金が高くなるなら、積み込み作業は自分達でやろう」と言われ、お任せパックは断念しました。

まだ赤ちゃんの子供がいる中での段ボールへの積み込み作業は、想像以上に大変なものでした。

休日に夫に子供を見てもらっている中で少しずつ片づけていきました。

積み込みに疲労感を覚える中、「お金があればお任せパックにできたのに。こんなに大変な思いをしなくて済んだのに」と痛切に感じました。

私はこの方法で金運をあげました

財布

40代の会社員、性別は女です。

私が30代の頃、なかなか金運に恵まれずにいました。

周りの友人や同僚はブランド物のバックや洋服を平気で購入しているのに自分には手が出ないし毎月の支払いで手一杯だったんです。 収入は人並みだったのに何が違うのか考えてみても解決には至らずにいました。

そんな時、トイレ掃除をすると金運が上がるとか お守りをお財布に入れた方が良いとか開運財布を使うと良いなど様々な話を聞いたんです。

私はノーブランドの財布しか使った事がなかったのですが、ブランド物の財布には財布の値段と同じくらいお金を入れておく方が良いと聞き思い切ってブランド物の財布を購入しました。

そして、買った値段と同じ金額を常に入れておくように心がけていました。 そのお金もピン札を入れるようにしたり、お金の向きをそろえるようにしました。

お金以外の物は入れないようにしてレシートやクーポンなど毎晩帰宅すると処分していました。 小銭もパンパンにならないようにして、100円玉5枚と10円玉2枚以外は貯金箱に入れていました。

財布がスッキリしていると気持ちがいいし、型崩れも防げるし、小銭が増えるのが嫌で無駄使いをしなくなりました。 トイレ掃除も自宅と職場の両方で熱心にやっていたんです。 気持ちが良いと自然とお金が貯まるようになった気がします。 貯めていた小銭も貯金にまわしていたので貯金も増えて金運アップに繋がりました。

家族のために使うお金

夫の稼ぎは今のところ不満はありませんし生活も出来ていますが、もう少しお金があれば両親に親孝行のために実家をリフォームしてあげれるのになと思うことがあります。
夫の両親や自分の両親に素敵な老後を送ってもらいたい気持ちがありますし、そういう形で感謝の気持ちを贈ってみたいものですが、今のところ自分の生活で手一杯の現状です。
宝くじでも当たらないかなと思ったときもあります。
今は夫の実家をリフォームして二世帯にしようかという話が出ており、その為のお金がもっとほしいと日々思っています。
リフォームの際にバリアフリーにしたり頑丈な作りにしたりして、少しでも親孝行したいのでお金はいくらあっても足りるということはありません。

また夫の仕事は休みが不定期でとても忙しく、なかなか自由に休みが取れないことから、家族で出かけたりすることが簡単に出来ませんし旅行も二泊以上は出来ません。
もっと自分に稼ぐ力があれば、もっとお金があれば夫に楽をさせてあげれるのにとずっと思っています。
せめてお家のことをしっかりこなすくらいしか出来ることはないのですが、子供も二人いますし、養育費はこれからどのくらいかかるのかも未知数ですので、無駄遣いすることなくしっかり残していかねばならないと感じています。

自分のモチベを上げる為に少しお金を使うのは悪くないと思う

投資と浪費。これって判別がひとそれぞれで少しだけ難しいもの……なんて認識を持ってしまうものですが、個人的に自分のモチベーションをあげる為に”たまにの贅沢”は決して浪費ではないと思ってしまうのです。

2016-12-%e6%9b%b4%e6%96%b03-18

自分の最高の息抜きと言えば、カフェでお茶とスイーツを楽しむ事。
近所にも何件か隠れ家的な素敵なカフェがあるのですが、仕事で行き詰まった時、どうしてもやる気が出せない時、何だか気分が陰ってしまい何もかも投げ出したくなった時、自分の尻に鞭を打つよりも「これから、明日頑張る為の活力を取り入れる為に」自転車をこいで近所のカフェでゆったり2時間くらい空気を満喫しています。
それだけ居るのですから、飲み物もおかわりをするので、そこで1500円ほどはお金を使ってしまうものですが、家でドリップ珈琲でもいれた方が安上がりじゃん……勿体ないなんて言う人だって居るかも知れませんが、これもモチベーションを上げる為唯一の自己投資なので決して無駄ではないと思えてしまうのです。
それでモチベあがらなかったら意味なんて無いじゃん? なんて思う方も居るかも知れませんが、自分のモチベが”絶対的”にあがる方法だからこそ、この手段に出ているのです。

とりあえず服を買って、とりあえず気になったアクセサリーを買って……それも確かに、一時的に物欲が満たされて良いかも知れません。本当に欲しいものだったら確かにモチベも上がるでしょう。
ですがそれが自分にとっての”絶対”であるか? という点を考えると決してそうでは無いので、この手段には出ないだけです。一過性の物欲を満たしたところで後でそれが浪費だったと気付いただけで空しいですからね。

正直に”絶対”は人それぞれで違うと思えます。
自分の場合の投資は「美味しいものを食べて癒やされる」だけですが、人によっては欲している高いもの買うという方法もあるかも知れません。アロマエステでリフレクソロジーを受けるなど様々手段もあると思います。

やはり、モチベが死んでしまっては、何事も捗らないものですからね。
自己投資の方法は自分の”絶対”を見つけ出す事。これだけでだいぶ変わるのでは? なんて、感じますね。

果たして借金は悪か…

借金をする人には必ず理由があるもの。
それは大して今すぐに必要でも無い否や不必要な私欲の為か? 或いは避ける事も出来ないどうしてもの借金か?
この辺りを考えると罪かそうではないのか? が、見えてくるような気がするものですよね。だって、奥さんがもし出産間近な臨月で早産となってしまった場合に、早産手数料で現金が必要! だけど貯蓄分が足りないなんて時に賃金会社でやむを得ずお金を借りるなんて場合これが罪か? と言われれば、そうではないと感じるものでしょう。
また、見方を変えるだけで分かる事ですが、ローン全般だって借金とそうそう変わらないと感じてしまうものですよね?

2016-11-%e6%9b%b4%e6%96%b03

仕事の通勤の為に自家用車が必要、原付を買いたいだからローンを組む…これだってある意味借金ではないでしょうか? だからこそ私個人の主観では全てが悪ではないと感じてしまうものです。

【借金返済したいけど返せない人へ】。破産者タケコが教える債務整理

ですが正直、返済をどうするか? この部分によっても考え方が変わるような気がするものです。踏み倒す・逃げるそんなのは論外です。こんな事をするのは馬鹿、否や社会不適合くらいまで言ってもいいでしょう。
また、どうしても返済出来ないから債務整理をする事。これは決して悪い手段ではありませんが返済のめども立ってない癖に借り入れをしてしまった動かぬ証拠になるでしょう。

理想論で綺麗事を言ってしまうのであれば、もしもの時に備えて貯蓄をして非常事態に回すという方法が賢明でしょうが、自分が返済出来る額か? どのくらいでしっかりと終わるのか? この辺りの事はやはりしっかりと考えてから借りるべきでは? なんて、感じるものです。
賃金会社だって商売です。返済期間が長ければその分レンタル料である利子も取られるので必然的に過払い金も発生してしまいますね。
自分が損をするか? 得出来るか? こういった前向きな考え方をしても借金の善し悪しも見直す事が出来るのではないでしょうか?

そして、返済出来ず弁護士に頼って債務整理を行ってしまえばブラックリストに載ってしまい、5年~7年は不自由な生活を強いられるワケです。さも当然ですが、出来るだけしない方が良い。そんな風に改めて感じるものですよね。

ゲームの課金なるべく控えようと思います

元々こんなにゲームをする方ではなかった私ですが、フリーオンラインゲームから月額制のオンラインゲームに乗り換え、相変わらず楽しんでいるものですが……なるべくゲームにお金をつぎ込むのはやめようなんて心に固く決めています。

特に思うものは課金アイテム。

ガチャやスクラッチという形状ではなく、○円でこれが購入出来るといった課金スタイルのオンラインゲームだと、自分自身の経済力だけで割とどうにか欲しいものが購入出来てしまうのでこの点は便利だと思う反面危ないな……なんて感じてしまうですよね。
その結果8月から使った総額が1万円ほど。このままいけば年間どんだけゲームに費やしちゃうんだ!? と、感じて少し自粛しようかななんて感じています。
オンラインゲームの寿命も10年ほどはあるものだと感じますが、やはりそこまで自分がやりこむか? と、言われれば正直に分かりませんからね。だからこそ、少し勿体ないかも知れない……なんて、感じてしまうものです。
最近ソーシャルゲームが何かと話題になっているものだからこそ、この話題って意外と自分にも無関係では無いと感じる方も多いでしょう。ソシャゲにも課金アイテムってありますからね。しかも1つが100円程度だったりするのでポンポンと纏めて買ってしまうなんて方も多いでしょう。

ですが年に3万4万と費やしてしまうのは流石に勿体ないです。
もっと他の事の為に貯蓄をしたり、余裕を持たせる事だって出来る筈なのに使い込んでしまっては元もこうもありませんからね。
けれど、やはり周りが「買った」となれば欲しくなってしまうものに違いないでしょう。
ですが、ここで自分に甘えては尚更の事お金が貯まらないので留意しておこうと感じるものです。

2016-10-%e6%9b%b4%e6%96%b03-18

消費と浪費と投資は使い分けて考えるべきだとしみじみ感じるものですね。
やはり自分が楽しむ為の娯楽が投資なワケがありませんし、浪費には違いないでしょう。節約出来る部分を削ってどうにかゆとりある生活、しっかりと貯蓄していく事を来年の抱負にしようかな? なんて、感じています。

最近プチプラにはまってます(理由:金無い)

ここ最近服を買うにしたってネイルなどの美容的部分を磨くにしてもプチプラで済ませる事が自分の中で大ブームです。
と、いうのも今年は車間があったり2016年開幕と同時~約4カ月ほど病気で布団とお友達生活をしていたからこそ、あんまりお金が無いんですよね。

もはや”金をかけずにいかに自分を磨けるか・オシャレを出来るか?”という部分に追求チャレンジしている感があって今自分とても楽しいです。

確かにお金が無いと何も出来ない事って事実だと思うのです。
ですが、無いからと嘆いたところで見苦しいものい違いないですからね。けれど工夫を凝らせばいくらでも可能性って広がるのでは?! なんて、感じてプチプラで全力で楽しむという戦法をとっています。

2016-09-%e6%9b%b4%e6%96%b03-18

例えばネイルに関してですが、通常ネイルサロンでジェルネイルを施してもらうと平均して6000円ですが、100均でマニュキアやシールなどを購入して自分で施すのであれば300円もあれば充分に楽しむ事が出来るのです。

自分自身、在宅でPCを使うお仕事をしているので爪に関しては完全に自由なので派手なネイルから清楚系など頻繁にコロコロと変えて楽しんでいますが、自分の爪が可愛いだけで作業のモチベーションがグンとあがるので今では必要不可欠な存在とさえ言う事が出来ます。そしてお金をかけずに出来るのでこの辺り本当に良かったななんて感じます。

また、自宅に居る事が多いとしてもやはり服装にだってこだわりたいですからね。
毛玉だらけだとか、首回りがヨレた服というのもだからしないので個人的には断固NGです! そこでTシャツやカットソーなどを今年まとめてプチプラ通販で購入しましたが全部で5000円もいかず。それでも毎日オシャレを楽しむ事が出来たのでこの夏は大満足の日々で終わりました♡

やはりお金が無くたってそれなりに、オシャレだって楽しむ事も出来ますし、正直工夫次第だと思えるのです。結婚した時点で確かにお金の自由は狭くなったものですが、それでも考え方次第だと思えますね。

お盆帰省に結構お金使いました…

8/11実家に帰省する為にお休みをとって帰省しましたが、やっぱり帰省をするとお金がかかるな~と、毎回思うものですね。

2016.08.更新3.18
東名高速道路の渋滞、なかなか凄かったです。

こればっかりは仕方の無い事かも知れませんが、ガソリン代も結構かかってしまいます。
それから高速道路を使うので、ETCの料金も追々請求されますからね。
片道2500円ほど、行き帰りで5000円。二人で新幹線を使うより確実に安いですが、ガソリン代の事を考えると「あれ、あんまり変わらない?」なんて、思ってしまう事もあるんですよね。ですが、マイカー帰省の魅力と言えば、なんと言っても自分のペースで休憩を挟める事に違いないでしょう。
確かに交通事故などの危険性も公共交通機関に比べて多いものなので、この点ばかりは自己責任で気をつけなくてはいけないものに違いありません。

そして更にお金を使う事と言えば……お中元代にお歳暮代。
自分自身主人の実家に入っているのでこの辺りは主人の両親に負担してもらっていますが、追々自分達が用意しなくてはいけませんからね。
「親はいつまで頼りになると思うな」とはよく言われる事ですが、これは正論だと思います。今現在30代の私と主人。主人の親だってもう還暦を迎えるワケで、これから家庭を支えてくのは私達になるワケです。
もはや「仕方ない事」だとは理解していますが、それでも少しばかり困ってしまいますね。
そういったワケもあって帰省は年に2回。お盆と正月のみにしています。
もう少しお金にも余裕があれば、頻繁に離れた両親に会いに行きたいとは思いますが、なかなかそうはいかないと思う部分が心苦しいです。

ですが、お金って使わない事には回ってこないという風にも言われていますからね。
コレって本当かよ?! って個人的には思ってしまうものですが、確かに日本経済の全体を見て考えると正しいには違いないでしょう。
ですが、消費と投資があってこそに違いないでしょう。なるべく浪費を避けて2017年、年明けの帰省にあらあじめ備えておこうと感じますね。

ご祝儀貧乏…

先日20代中盤ほどの私の友人が嘆いていた事ですが…結婚式が本当多すぎて給料が飛んでいく! なんて言っていました。
確かに自分自身が20代期の頃も周りも結婚ラッシュだったのでこの気持ちも何となく理解する事も出来ます。それに私自身が結婚したのも24歳の頃……と、確かに20代中盤に差し掛かる時期だったので周りの人間を祝儀貧乏に追い込んだ一人ではないのか? なんて、さえ思えてしまう程。

しかし、お祝いごとなのでコレばかりは仕方ないのでは? なんて、感じてしまうものですよね。

──私自身が20代・正社員でバリバリに稼いでいた頃……専門職という理由もあって、通常の20代女性と比べてかなりの収入がありました。
周りは女性ばかりの職場です。当然年に1度2度は同僚の結婚式にお呼ばれする機会もあり、参加をしていたのですが……そこに努めていた時の先輩(通称、地雷バツイチ)はこういったお呼ばれの機会に招待されても行く事がありませんでした。

何で部下なんかの結婚式に行かなくてはいけない。お金の無駄だ。祝儀も会費も払うのも馬鹿馬鹿しい。そんな風に罵声を言って断っていたのです。
それにその地雷先輩……お客さんで来店していた同僚のお母様の葬儀にも参列しませんでした。客だったとは言え、どうして他人の葬式に参列しなきゃいけない。
もはや人間としてこの人は頭がおかしい……なんて思ってしまい、後輩である私も白い目で見てしまいました。

嘘みたいな話ですが、コレ全部事実です。信じられないですよね……新婦となる自分の後輩はこれを面と向かって言われて泣いていたのは今でも鮮明に覚えています。
『だからバツイチなんだよ』『人間地雷の言う事なんか気にしないの! 私はちゃんと行くから写真沢山取らせてね!』そんな風に後輩を励ましていました。
確かに祝儀というものは、自分の手持ちのお金を無条件に手放してしまうものなので、確かに”勿体ない”と、思える人も居るでしょう。
その間柄もあるかも知れません。ですが、お世話になっている人、親しい人の結婚式にはお呼ばれした限り参列する事が普通ではないのか? と、考える事が出来ます。
あくまでこれは自分の価値観ではありますが……できる限り行ってあげるべきではないのか? と、感じるものです。

2016.07.更新3.18
それにお祝いごとで出したお金っていずれは自分の元に戻ってくるとは言いますからね。
確証された事ではありませんが、そういうものだと割り切る他無いのでは? と、感じてしまいます。