もっとお金があったら普通車に乗りたかった!

1ddc1d6fa589f0d9dac60896786b5eb7_s

我が家は5人家族でありながら、乗用車は軽自動車しかありません。当然のことですが1台に家族全員は乗れないということです。正直車を買い替えるとき、普通車にしたかったです。高級車がいいなんて贅沢は言いません。せめて5人一緒に乗ることが出来る車にしたかったっていうのが本音です。

「お金があればねぇ…」何度そう思ったことでしょう。軽自動車ですらローンでしか買えない現実。その後のガソリン代、税金などのことを考えれば、残念ながら普通車は諦めるしかありませんでした。

今は長男が免許を取り、自分でも軽自動車を購入したので、5人一緒に車に乗る機会というのはほとんどなくなったのですが、それでもやはり「あの家5人家族なのに軽自動車しかないよ」と世間に思われているんじゃないかと気になったりもします。「お金がなくて買えなかったんじゃない?」なんて思われているんじゃないかなと、どうしても気になっちゃうんですよ。まぁ実際お金がないから軽自動車しか買えなかったっていうのは事実なので、そう思われても仕方がないのですが…。

もっとお金があれば乗りたかった車にも乗れただろうし、運転するのも今よりもずっと楽しかっただろうななんて考えると、貧乏な我が家のお財布事情が悲しくなってきます。

金運よ!来い!

給料日

私がもっとお金があればなあ、と思う瞬間、それは給料日です。

本来、給料日とはたのしいものです。

私も少しは楽しい事に変わりないのですが、このお金たちは、すぐさま私の元から旅立っていくのです。

通りすがりなのです。

私には、現在、借金があります。

そのため、1ヶ月頑張って働いたお給料たちは、一瞬だけ私のところへやって来ますが、この方たちは、すぐ、よそ様宅を潤わせに行く方々なのです。

もちろん、この方々がいないと、私は借金も返せず、更に大変な思いをします。

それは分かってはいますが、そんなすぐいなくならなくても…。と哀愁を覚える私なのです。

私は、常に思います!毎月あと10万あれば、私はもっと楽しく生活できるはず!しかも、私は、それなりの働きをしています。

そうだ、それに気付かない社長が悪いんだ!早く気づけばいいのに。と、考え、今日も仕事をもくもくとしています。違うの、違うんです。

私の借金は、ギャンブルや遊びでできた借金じゃないんです。

いわゆる必要経費なんです。絶対に必要な経費なのです。

だから、そろそろ神様も気付いてくれるはずなのです。

クリスマスにサンタさんは来なかったけど、今年こそは、私を救う救世主を神様が準備してくるはず!…。と、思いながら、今日も楽しく仕事しよーっと!